kaoruが考える美と健康

ほしいものリストhttp://amzn.asia/hlZlN8e

女性ホルモンについて

卵巣から分泌される女性ホルモンには二種類あります

エストロゲンプロゲステロンです

 

エストロゲンは、「美のホルモン」といわれることもある女性ホルモンで、肌や髪の新陳代謝を促して、ハリやツヤを保ってくれます

また、バストを豊かにし、ウェストを引き締めてくびれをつくり、曲線的な女性らしい体型をつくるのも、エストロゲンの働きです

 

プロゲステロンは、「美のホルモン」のエストロゲンに対し、「母のホルモン」と呼ばれています

子宮内膜を厚くふかふかなものにしたり、体温を上げたりするなど、妊娠を維持するための作用があるのがプロゲステロンです

作用が強く出ると、皮脂分泌を促したり、便秘を引き起こすなど、美容にはうれしくない働きがあるのも事実です

 

美容のことを考えるなら、エストロゲンだけ増えればいいと思いますよね

しかし、そうではないんです。美容に強いエストロゲンですが、欠点もあります

それは、健康リスクです

骨や血管を強くするという作用もあるエストロゲンですが、乳がんや子宮体がん(子宮内膜がん)のリスクを高めてしまうのです。きれいになる一方で、重い病気にかかるリスクが高まってしまう、それがエストロゲンです

そんなエストロゲンのマイナス作用を食い止め、打ち消してくれるのが、プロゲステロンなのです

 

したがって、どちらか一方を増やすのではなく、両方がバランスよく分泌されるのが、女性の美容と健康にとって一番いいのです

美容の世界では、エストロゲンにばかり注目がいきますが、エストロゲンを無理に増やそうとしなくても、現代の女性はエストロゲン優位のホルモンバランスで、母のホルモンよりも、美のホルモンのほうが強くなっていると言われています。

 

繰り返しますが、もっとも大切なのはホルモンバランスです

美容ももちろん大事ですが、美容を追求しすぎた挙句エストロゲンばかり強まってホルモンバランスが崩れて体をおかしくしてしまっては、元も子もありません。

 

大前提として健康があってこそ、美容に価値があるのだと思います

無理なダイエットをしたり、睡眠不足だったり、更年期を迎えたり、強いストレスを受けたりすると、ホルモンバランスが崩れがちです

ホルモンバランスが崩れると、生理周期が乱れます

 

不規則な生活をしていると、ホルモンバランスを崩してしまうので、規則正しい生活を心がけましょう

食事でいえば、やはり大豆食品がいいです

大豆イソフラボンが、女性ホルモンと同様の働きをするからです