読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaoruが考える美と健康

ほしいものリストhttp://amzn.asia/hlZlN8e

恋愛に使える心理学【男心女心】【惚れさせる】⑥パーソナルスペース~好きな人との距離感について~

人には、パーソナルスペースといって、それぞれにテリトリーを持っています

この縄張りを侵されると、人は不快感を覚えます

 

親しい人なら許せても、見ず知らずの人がこのテリトリーに入り込んでくると、「ケンカ売ってんのか」という腹立たしい気持ちになります

満員電車に乗ることが不快極まりないのは、このパーソナルスペースを赤の他人たちにとことん侵害されてしまう状況だからで、混雑する場でイライラしてしまうのは人として当然なわけです

相手によっても、このパーソナルスペースの広さは変わってきます

この人なら至近距離でもだいじょうぶという場合もあれば、この人にはこれ以上近寄ってほしくないと思うこともあります

相手をどれだけ信頼しているかによって、距離の取り方は変わってくるわけです

近ければ近いほど、心も近付いていると考えていいわけです

 

体の距離=心の距離なので、相手に不快感を覚えさせることなく距離を詰めることで、仲を深めることができるわけです

ザイアンスの法則といって、人の心は、繰り返し接することで好感を抱きやすくなるようになっています。そのため、遠距離恋愛で体の距離が離れ接する機会が減れば、親密度が低下して心の距離が離れてしまうのは、必然といえます

なんにせよ、仲良くなるためには距離感が大事だということです

モテる人がすごいのは、こういう知識がなかったとしても、感覚でベストな選択をしていることで、異性相手の距離の取り方が抜群に上手いんですよね

だから警戒させたりイラつかせたりすることがなく、好感をもたれるわけです

 

パーソナルスペースを恋愛に活用し、友人から恋人に発展させる方法としておすすめなのが、クラブやライブハウスやゲームセンターなど、まわりの音が大きくて顔を寄せ合わせないと会話ができない場所にいっしょに行くことです。

そういうまわりがやかましいところなら、会話をするために、警戒されることなく自然に顔を近付けることができるので、相手に違和感や不快感を覚えさせることなく、友人の距離から恋人の距離に発展させることができます

それから、比較的静かなところでも、パーソナルスペースを狭めるのにおすすめの場所があります

それは、本屋さんです

本屋さんにいっしょに行って、相手が興味ありそうな雑誌などを手に取るのです

そして、相手が興味を持ちそうなページを開いて、「ほら、これ見て」といって招き寄せるのです

そして、いっしょに雑誌を見ることで、顔を接近させ、友人の距離から恋人の距離へとランクアップさせることができます

 

逆でもいいですよ

あなたが好きな相手が本を読んでいたら、「なに読んでるの?」と訊いて、のぞき込むんです。そうすれば、ごく自然に、顔を近付けることができます

 

本を利用するこのテクニックは、喫茶店とか自宅とかでも使えますよね

チャンスを見つけ次第、ぜひ使ってみてください

恋人の距離にスムーズに侵入できます

最後にもう一つ。

人には、潜在的なものですが、人体でもっとも大事な心臓を守ろうとする意識があるといいます

そのため、人に横から話しかけるときは、その人の左側から話しかけると、心臓を守ろうという潜在的意識が働くために、警戒されやすいのです

なので、まだあまり親しくなく、これから親しくなりたいと思っている相手に横から話しかけるときは、その人の右側から話しかけたほうが警戒心を抱かせづらいということを覚えておくと、損はないと思います

では、良い休日をお過ごしください