読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaoruが考える美と健康

ほしいものリストhttp://amzn.asia/hlZlN8e

膝の痛みの原因【成長痛・ジャンパー膝・O脚X脚・関節軟骨のすり減り】

お盆休みや正月休みで親戚が集まると、伯父さん伯母さんおじいちゃんおばあちゃんが口々に言います「膝が痛い」と

年を重ねると人は、ひざの痛みに苦しめられるのが約束されているようです

膝が痛くなると、歩くのもままならなくなるのでつらいですよね

そこで今回は、痛みをもたらすひざのトラブルについてまとめます

 

オスグッド・シュラッター病

成長痛と呼ばれることもある、スポーツをする成長期の子供に多く見られるひざのトラブル。

急激な骨の成長に、筋や腱の成長が追いつかないために、腱と骨の付着部に負担がかかり、膝下に痛みが出る障害です

成長のスピードが落ちてくると痛みは自然とおさまりますが、ひどい場合は骨が剥がれてしまい、剥離骨折を起こすこともあります

成長期にある子供は、通常の状態でも膝に負担がかかっているので、運動中に膝下の痛みを感じた場合、無理をするのは禁物です

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝

バレーボール選手やバスケットボール選手、走り幅跳び走り高跳びといった陸上競技者など、飛び跳ねることの多いスポーツ選手に多く見られるひざのトラブル。

歩くとき、人は体重の3~5倍の負担を膝にかけているそうです

歩くのに比べ、走るのは10倍の負担だと言われています

そしてさらに、走ることより数倍膝に負担をかけるのがジャンプ動作で、特に着地時に膝を傷めやすいです

体格がいい人ほど、膝にかかる負担も大きくなるので、肥満は膝の痛みを招きやすいですし、バレーボール選手やバスケットボール選手のような大柄なジャンプスポーツ選手は、膝の痛みに苦しみやすいです

ジャンプの繰り返しによって膝に負担がかかり、膝蓋靭帯や大腿四頭筋を傷めてしまいます

 

O脚やX脚が原因の膝の痛み

生活習慣によって生まれた体のゆがみが、膝に痛みをもたらします

O脚の場合は、膝の内側が痛くなり、X脚の場合は、膝の外側が痛くなります

変形性膝関節症(関節軟骨のすり減りが原因の膝の痛み)

親戚の伯父さん伯母さんおじいちゃんおばあちゃんの膝痛の原因は、おそらくこれでしょう

中高年の膝の痛みの大多数は、この変形性膝関節症によるものです

ひざの関節軟骨に限らず、軟骨は日々の暮らしで磨り減ってしまいます

関節軟骨は、骨と骨とが直接当たらないように、クッションの役割を果たしています

関節軟骨には神経が通っていないため関節軟骨そのものは痛みませんが、関節軟骨のまわりには神経が集中しているため、関節軟骨のすり減りなど膝関節のちょっとした異常でも敏感に反応し、痛みを感じやすいようになっているのです

変形性膝関節症は、関節軟骨のすり減りによって痛みが出るために、歩くのを控えるようになり、その結果太ももの筋肉が衰えるため、膝の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなり、膝に負担がかかりやすくなって痛みも増す、という悪循環に陥りやすいのです

 

 膝の痛みの原因はさまざまなので、病院で診断してもらって、自分に合った対処法を教えてもらう必要があります

膝サポーター を使うのも一つの手です

膝に無理をさせない、労わりの気持ちを持つことは、立ったり歩いたりといった当たり前の生活を保つために大事なことです

【薄毛】細い毛が抜ける人は要注意!【発毛サイクルに乱れがあると禿げてしまう】

髪の毛は、日々抜けるものです

一日に50~60本は抜けていると言います

抜けることは自然であり、悪いことではありません

髪の毛に限らず、ほかの毛でも、寿命を迎えた毛が抜け、新しい毛が生えてきます

そうやって生え変わることで、髪の毛は一定量(約10万本)を保っているのです

 

①発毛→②細い毛が太く成長する→③育ち切った毛が抜ける→①の発毛に戻る

というサイクルが成り立っているからこそ、そして、このサイクルのタイミングが、毛一本一本でずれているからこそ、一気に抜け一気に生えるということにならず、いつも一定量を保っているわけです

ちなみに、毛は生える場所によってそれぞれ寿命が違います

髪の毛が3~6年

ひげが1~3年

陰毛とわき毛が1~1年半

眉毛とまつ毛が3~4か月

というふうに、眉毛とまつ毛のサイクルがほかの毛に比べ早いことが分かります

 

髪の毛が抜けることを気にしすぎるのはよくないです

③育ち切った毛が抜けるのであれば、まったく問題ないのです

①の発毛が起こらなくなるか、②の成長段階にある毛が育つ前に抜けてしまうことが、薄毛の原因となります

髪の毛はだれだって抜けます。その抜けた毛が太く成長しているのであれば、発毛サイクルに乱れはないので安心していいです。抜けた毛が細いものの場合は、成長すべき毛が成長する前に抜けてしまっているということなので、発毛サイクルに乱れが生じていることが分かります

発毛サイクルに狂いが生じることで、毛量が少なくなり、薄毛が目立ってくるのです

 

中国の宦官(男性の大事なところを切除するのを義務付けられた昔の中国の役人)には、若ハゲになる人がいなかったと言います。男性ホルモンの源である精巣が存在しなかったから、男性型脱毛にはならなかったというわけですね

AGA(男性型脱毛症)は、早い人だと大学生ぐらいから症状が出る人もいますからね

 

ですが現代では、女性でも薄毛に悩んでいる人は少なくないですね

前頭部や頭頂部が薄くなりやすい男性型脱毛症に対して、女性の薄毛は特定部位ではなく、加齢によって全体的に薄くなりやすいという特徴があります

したがって、薄毛の原因は性ホルモンだけではなく、食事や睡眠などの生活習慣、ストレス、不潔、ヘアカラー・パーマ・ヘアアイロン・紫外線などの髪を傷める要因、整髪料のつけすぎ、間違ったヘアケア、シャンプーとの相性など、多くの要因が複合的に絡み合って引き起こされるものだと言えます

 

薄毛は大きなコンプレックスになるものですが、一つの病気だという認識を持つことが大事だと思います

薄毛は病院で治療できるものということです

そういうCMもありましたね

お医者さん、薄毛治療は確か皮膚科でしたね

 

生活習慣を見直しても薄毛が改善しないのであれば、病院の皮膚科やAGA治療専門クリニックに足を運んで、ミノキシジルのような男性の脱毛にも女性の脱毛にも改善効果があるお薬を処方してもらうのも一つの手です

病気の一種なので、病院に足を運んで治療してもらうというのは、決して恥ずかしいことではないです

恋愛に使える心理学【モテる男女のテクニック】⑩オープンポジションとクローズドポジション~好意・歓迎を示すしぐさと拒絶・警戒を示すしぐさ~

しぐさから、人の気持ちを推察するということは、人間関係を良好に保つために、ぜひともできるようになりたいことです

しぐさから相手の気持ちを読み取ることができるようになれば、相手が望む行動をできるようになりますからね

 

髪や唇を触る行為は「不安」をあらわしていて

おでこに手を当てる行為は「迷い」をあらわしていて

拳を握ったり指を鳴らしたりするのは「拒否」をあらわしていて

人を指差す行為は「威嚇」をあらわしてるというように、

人のしぐさから感情を読み取ることは、可能であり重要なことです

気になっている人との距離を縮めたいと考えている人は少なくないでしょう

距離を縮めたいのに縮まらないという場合は、警戒心がまだ残っているのかもしれません

相手の警戒心を解き、打ち解けた関係となるためには、「自分は警戒していない。歓迎しています」ということを、まず自分のほうから姿勢で示す必要があります

 

姿勢は馬鹿にできません。ときに、言葉よりも雄弁に気持ちを表してくれるのが姿勢だからです。

というわけで今回は、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションについてです

 

姿勢には大きく分けて2つ、オープンな姿勢とクローズな姿勢があります

人を引き寄せたいならば、オープンな姿勢を心掛ける必要があります

オープンポジションは、真正面から向かい合って、手や腕や足を開く姿勢のことです

このポーズは、好意や歓迎、信頼を示すしぐさなので、相手からの好意や歓迎、信頼を招きやすいしぐさでもあるわけです

 

手のひらを開き、手を相手に見せ、腕を開くことで胸を見せ、足をぴっちりと閉じず、パーソナルスペースに相手を呼び込むオープンな姿勢をとることで、好意は好意で、歓迎は歓迎で、信頼は信頼で、鏡のように返報性の原理が働いて、相手からの良感情が返ってきます

 

kaorufuki.hateblo.jp

 

kaorufuki.hateblo.jp

 

オープンポジションは、相手を信頼していることを示すポーズだからこそ、相手から信頼されやすくもなるポーズなわけです

 

これらのポーズをとっている人は、リラックスしているといえます

気の置けない仲間と接しているときには、自然とオープンポジションをとっているものなのです

 

だれに対してもオープンポジションをとるというのは難しいかもしれません。だれに対しても緊張せずリラックスした態度で接するというのはなかなかできませんよね。当然人には苦手なタイプというものがありますし、初対面の人に警戒してしまうものです

しかし、オープンポジションをとることができなくても、クローズドポジションをとらないように注意することはできます

よっぽど嫌いな人相手なら、クローズドポジションをして敵意を示してもいいかもしれませんが。争いはできるだけ避けたいですよね

 

苦手な人と話さなければならないときに、ついつい腕組みをしちゃってませんか?

腕組みは、代表的なクローズドポジションで、自分をガードしようと警戒している姿勢です

居心地の悪さや緊張が、人にこの姿勢をとらせます

 

クローズドポジションは、腕や足を開くオープンポジションに対して、腕や脚を内側にクロスする姿勢のことを言います

相手に正面を向けないで半身になるのもクローズドポジションです

ひざやつま先の向きは、関心が向いているほうへと向きやすいという特徴があります

相手に正面を向けてないということは、相手へ好意や興味、関心を抱いていないということを示しているわけです

腕を組んで胸を隠したり、脚を組んだりのほか、拳を握ったり指を組んだりして手のひらを見せないのも、クローズドポジションです

また、バッグを抱え込んだりして、相手との間に障害物を置こうとするのも、相手との距離をとりたい意志のあらわれです

これらの姿勢は、警戒心を示すしぐさのため、まわりの信頼を獲得しづらい姿勢です。自分のことを信用してくれない相手を、人は信用できませんよね

 

腕を組むと威圧感がありますよね

相手をパーソナルスペースに入れさせたくないという意志が、そのしぐさにあらわれています

脚を組むのもクローズな姿勢で、パーソナルスペースを広くとりたい、相手にそれ以上近寄ってほしくないという気持ちが姿勢として現れているのです

脚を頻繁に組み替えるのは、緊張や退屈を和らげようという意志の表れで、体を動かすことによって血流をよくしそれらの負の感情を消そうとしてあらわれるしぐさなのだそうです

 

政治家など大衆に訴えかける仕事をしている人は、意識的にオープンポジションをとっています

腕を開き、聴衆に手のひらを見せて、聴衆に親近感を生じさせ、自分のイメージを良くすることに全力を尽くしています

 

心を開くことを「胸襟を開く」といいますね

胸襟を開き自己開示して、姿勢もオープンポジションを心がけている人は、親近感や信頼感を獲得しやすく、まわりの人に好かれやすいです

クローズよりもオープンな生き方をして楽しく暮らしていきたいですね

食事は少し冷ましてから食べるほうが健康的。腹八分が大事【熱々激辛の健康リスクとサーチュイン遺伝子】

熱いものをよく口にしていると、胃や食道がやけどしてガンリスクが高まると言われています

あったかい食事のほうがおいしいですが、少し冷ましてから食べるほうが健康にいいんですね

猫舌の人は、熱さに敏感な舌が、健康を守ってると言えますね

 

熱々料理のほか、激辛料理やアルコール度数の高いお酒も、胃や食道の粘膜を傷付ける原因となります

「腹八合医者いらず」や「腹八分に病なし」といったことわざがあるように、食べすぎるということは体に無理をさせることなので、健康に良くないです

 

マウスの実験では、エサを無制限に与え続けたマウスの平均寿命が74週だったのに対し、エサの量を80%に制限したマウスの平均寿命は122週と、大幅な伸びを見せました

 

サルを使った実験においても、カロリー制限によって、体脂肪や血圧、血糖値、中性脂肪値などが改善されたことが報告されています

そして、老化を防ぐサーチュイン遺伝子は、一定のカロリー制限をすることで活性化することが分かっています。つまり、腹八分の食事で細胞の老化が防げるわけです

 

極度のカロリー制限は体に毒ですが、昔から言われているように、「もう少し食べられる」「もう少し食べたいな」と思う腹八分あたりが、健康で若々しく暮らすのに適した食事量だと言えます

現代人はあごが細い。だから、歯並びが悪くなってしまう【歯並びの乱れと出っ歯について。よく噛み唾液を出すことの重要性について】

現代人は、昔の人に比べ顎が細くなっていると言われていますよね

あごが細い人はモテますが、必ずしも長所とは言えません。あごが細い人よりも、あごががっしりした人のほうが、歯並びが乱れにくいからです

なぜかというと、あごが細いということは、歯が入るスペースが狭いということだからです

 

歯の大きさや数というのは、基本的に皆たいして変わりません。顎が細い人は、歯を狭い空間に無理やり押し込んでいる状態になるので、どうしても乱れてがちゃがちゃになってしまうのです

若い人の多くが親知らずを抜歯するのも、親知らずがきれいに生え揃うだけのスペースがないからです

歯並びが乱れると、見栄えが悪くなるだけではなく掃除しにくくもなるので、歯磨きやフロスによるデンタルケアが難しくなり、虫歯になりやすくなります

乱れれば、当然矯正する必要も出てきます

 

出っ歯も、コンプレックスになりやすいですね

出っ歯の人=おしゃべりというイメージがありますが、出っ歯の人について言えるのは、しゃべっていないときでも、口がぽかんと開いてる人が多いです。口呼吸しているので歯が外に出てしまうんでしょうね

 

出っ歯がコンプレックスな方は、鼻呼吸を意識して口を閉じたほうがいいと思います

日頃の習慣が容姿に与える影響は案外大きいものです

あごが細い人を好きになる人が多いので遺伝的に子孫はあごがどんどん細くなっていきますし、柔らかい食品が増えたので噛む回数も減ってしまっています。

 あまり噛まないで早食いをしてしまっている人が多いので、噛むことの大事さを思い出してもらいたいです

 

「口は第一の消化器」と言われています。消化を内臓任せにしないで、噛む回数を増やして内臓を助けてあげる必要があります

kaorufuki.hateblo.jp

 

 食べ物をよく噛まないと、胃の負担が増えるので、胃潰瘍胃がんなどのリスクが高まります

また、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されるので、食べすぎやそれに伴う肥満を防止することができます

 

ほかにも、よく噛むことは虫歯予防にもなります

噛めば噛むほど唾液が分泌されるからです。唾液は、消化を助ける働きだけでなく虫歯や歯周病を予防する抗菌・自浄作用もあります

 

この抗菌・自浄作用は、唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素の働きで、このペルオキシダーゼには、食品に含まれる発がん性物質がつくり出す活性酸素を分解する働きがあるため、ガン予防にもなるのです

 

よく噛むことは、唾液を分泌して多くの健康効果を生むだけでなく、退化した現代人の顎のトレーニングとしても重要です

咀嚼回数を増やすほかにも、舌を動かすことでも、唾液の分泌を促すことができます