魅力的な顔つきは「表情筋」の発達によってつくられる【表情筋トレーニングの重要性】

笑顔というのは、ステキな表情ですよね

笑顔だけでなく、表情がよく出る人は気持ちが伝わりやすいので、好感を持ちやすいですよね

表情が豊かなほど、他者に与える印象が大きくなり、魅力度が増します

ということは、魅力度を増したいならば、表情筋を鍛えればいいということです

表情筋を鍛えることは、印象をよくするだけでなく、しわ・たるみ対策にもなります

アンチエイジング効果があり、印象を良くする効果のある表情筋トレーニングを紹介します

 

目元のトレーニング

両目を大きく開き、それからだんだんと目を閉じていきます

目は閉じますが、眉は上げたままにしておいてください

そして、目を閉じた状態で、眼球をゆっくりと左右に動かして十往復させます

 

頬のトレーニング

まず、笑顔をつくります

左口角を上げることを意識して、左目を閉じてください

そのまま十秒キープ

それを、逆側の右口角と右目でも行ってください

口元のトレーニング

まず、割り箸を用意します

割り箸を軽く噛んで、そのまま両方の口角をゆっくりとあげていきます

このとき、鏡を見ながら、両口角が同じ高さにあるかチェックしてください

左右のバランスがとれている顔が好印象を生みます

口角が上がった状態で三十秒キープ

キープし終えたら、割り箸を噛んだまま、口角を上げたり下げたりして、口まわりを鍛えましょう

 

食事の咀嚼回数を増やすことも表情筋トレーニング

食べ物をよく噛むことも、顎のトレーニングなので、表情筋の強化にもつながります

 

kaorufuki.hateblo.jp

変顔も表情筋のトレーニング

表情筋トレーニングというのは、普段使わない筋肉を意識的に使うことです

変顔も、ふだんとは顔のかたちを変えるということなのでトレーニングとしての意味があり、普段の顔と大きく違うものほど、表情筋の鍛錬になります

 

こういった表情筋トレーニングを日常的にやることが理想ですが、さらに理想的な表情筋トレーニングがあります

それは・・・

仲のいい友達とあれこれ楽しく会話することです

 

「あ・い・う・え・お」それぞれ口の形・発声方法が違いますね

笑うということも、頬と口角を持ち上げますね

日常的によくしゃべり、よく笑い、いろいろな表情を見せる人は、ごく自然に表情筋トレーニングをしているのです

 

明るい人は、魅力的な顔つきをしていることが多いですよね。それは、表情筋が発達していて、表情が豊かだからです

逆に暗い人は、孤独で話し相手もいないため、表情筋が鍛えられておらず、表情が乏しくて自然な笑顔ができず、その表情のぎこちなさから、さらに人が寄ってこなくなるという悪循環に陥りがちです

好循環を生もうとするならば、表情筋を意識して、日常的なトレーニングが必要です。そうすることで表情が明るくなり、人付き合いにもいい影響を与えるでしょう