海外旅行先や個人輸入で医薬品を手に入れるのは危ないので注意が必要です

医薬品を海外旅行先で買ったり、インターネット通販で購入したことはありますか?

 

海外旅行先で薬が必要になる事態に陥ることもあると思いますが、海外で薬を手に入れる場合、商品名ではなく成分名で薬を買う必要がありますし、日本のものよりも成分量が多かったり、日本では認められていない成分が含有されていたりするので、日ごろから使っている薬を日本から持っていくのが一番だと思います

喘息や薬のアレルギーがある人が海外で薬を求める場合は、英文のアラートカードを用意するなどして、薬剤師さんにしっかりと伝える必要があります

さらに怖いのは個人輸入で医薬品を買う場合で、コンプレックスがあって必要とする医薬品、ED治療薬のバイアグラとか抗肥満薬などを、病院で処方してもらうのは気が進まず、安価で買うためという理由もあって、インターネットを介した海外からの個人輸入で手に入れている人もいるようです

しかし、これは非常に危険なことです

偽物のED治療薬をつかまされて、体調を崩し吐き気や嘔吐に苦しむ人は少なくありません

 

医薬品副作用被害救済制度というものがありますが、これは、適正に医薬品を使用した場合にしか、医療費等の給付を請求できません。海外からの個人輸入は、救済の対象とならないのです

医療機関を通さない不正規ルートで手に入れた偽薬での健康被害は自己責任となり、助けてもらえません。必要な場合は、ちゃんと病院に足を運んで処方してもらいましょう

バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発された経緯があるので、血管を拡張させて血液量を増加させる作用があります。有効成分が多すぎると、全身の血圧が下がり過ぎてしまい、昏睡状態に陥ったり、最悪の場合は死に至る可能性もあります。

また、正規品には入っていない成分が混ぜられていることもあり、それが思わぬ健康被害を生みます

ED治療薬は、正規品であっても副作用はあり、患者が使用していいか医者の判断が重要になってきます。そんなED治療薬を、医者を通さず買って、しかもそれが偽物の場合もあるということを考えたら、その危険性の大きさが分かりますよね

 

身体に作用する力の大きい薬は、用法用量を守らなければ一転して毒となってしまいます

ニセモノをつかんで健康被害を出さないためにも、薬を買う時使う時には注意が必要となります